憧れの整体師になるには国家資格が必要不可欠

整体師とは

治療

整体師になるためには

整体師とは、筋肉をほぐしたり骨盤矯正を行い、患者さんの腰痛や肩こりなどの症状を改善する職業です。他には全身のバランスを整えたり、身体の不調を改善を行なってくれます。整体師になるには特別な資格や免許は必要ありません。ただ何も知識がないのに、整体院に就職したり開業するというのは難しいことです。整体師になるには大抵の人は、整体院などで学びながら働くか、整体師のためのスクールに通い学びます。整体院で働きながら学ぶと、現場での技術を学べるため、技術取得は比較的早いでしょう。また学費がかからないこと、アルバイト程度の給与があることがメリットと言えます。整体師のためのスクールは数ヶ月から数年、知識や実技を学び整体師として必要なことを学ぶことができます。就職先をサポートしてくれるスクールもあり、確実に整体師としての道を進めるでしょう。整体師になるには資格などは必要ないと説明しましたが、整体師と似ている職業のマッサージ師、柔道整復師、指圧師は国家資格です。国家試験に合格して初めてその名を名乗ることができます。一方整体師は民間資格です。スクールによっては、厚生労働省認可、内閣府認証などを謳うスクールもあります。しかし厳密に言えば、厚生労働省が認めている経営組合に加入しているといった意味が多いため、その名前だけにとらわれないよう注意が必要です。整体師になるにはスクールで学ぶ人が多いのですが、やはり学校ですので入学金、授業料がかかります。仕事をしている人向けに週末のみのもの、短期間で終えるものなど様々なスクールやカリキュラムがあります。どういったスクールがあるのか、資料請求など比較検討して選んでください。