憧れの整体師になるには国家資格が必要不可欠

どのような経路があるのか

勉強

必要な資格と勉強方法

整体師になるにはどうすればよいのでしょうか。結論から言うと、整体師を名乗ればその瞬間から整体師になることが出来ます。整体師というと資格が必要な仕事というイメージがありますが、実は国家資格はありません。医師や柔整師などの法的に定められた業務をしなければすぐにでも整体師として活躍することが可能です。しかし整体師になるには大きく2つの経路があると言えます。まず1つ目は整体院に就職し、そこで助手などを経験し学びながら整体師として成長していくという方法です。もっとも手っ取り早く整体師としての仕事に携われますが、前提として就職する必要があるので、採用されるだけの魅力が必要です。2つ目は整体学校などで教育を受ける方法です。学校で教育を受ける以上お金は必要ですが、その分、整体師としての基礎はもちろんのこと、開業に関する講座も開かれています。また就職のサポートも充実しているので将来的にも安心できます。整体師になるには資格は必要ないのですぐにでも働けるのですが、長く整体師として活躍していきたいのであれば、最初から就職するよりも整体学校などで学ぶ方がオススメです。なぜなら整体師に必要なことを総合的に学ぶことが出来るからです。いきなり就職した場合、その整体院に関することは学べますが、整体師の全体を学ぶことは出来ません。また整体院のクセを最初に身に付けてしまうと後から他の技術を身に付けるのが難しくなります。整体師になるにはまず整体学校などで勉強することから始めてみると良いでしょう。